システム化の流れ

1

無料ヒアリングサービス

弊社では、まずシステム開発を希望されるお客さまから、業務の進め方や現状の問題点、システム化についてのご要望などを詳しくお伺いします。

これはシステム開発を行うかどうか、弊社に発注いただけるかどうかなどの条件に関わらず、無料です。

遠方でお会いできない場合には、メールなどでヒアリングを行うこともありますが、実際にお会いすることでシステム化に役立つ情報が得られることも多々ありますので、なるべく面談形式とさせていただいております。

訪問=成約ではありません。弊社も暇ではありませんので、しつこい営業は一切行わないことをお約束いたします。

仮に発注いただけなくても、ヒアリングの場は弊社にとってはお話を伺うだけで今後の事業の参考になるヒントを沢山いただくことができますので大歓迎です。

業務やシステムに関する雑談程度でも結構です。

無料ヒアリングサービスのお申込みはこちらから。

電子メール(info@g-con.co.jp)でも承っております。
2

お見積り・ご契約

ヒアリングでお伺いした内容をもとに、詳細なお見積りを作成します。

弊社では、業務システム開発に関する経験とノウハウを積み重ね、価値あるサービスをリーズナブルに提供できるように、効率化とコストダウンを突き詰めた結果としてのお見積りをご提供しています。

従いまして、同様に根拠のない値引きもいたしません。

お客さまの都合で開発費用が確保できない場合には、機能を少なくしたり、開発を数回に分けるなどの手段によって負担を少なくする方向で調整いたします。

要件や複雑さなどによって上下しますが、大まかな目安としては1機能(画面、帳票など)あたり数万円程度といったところです。

簡単な機能であれば、たとえば1画面あたり0.2機能と見なすなどの換算を行い、費用を圧縮します。


大企業や中堅企業が使う業務カスタムソフトは1機能あたり50万円~150万円程度で構築されています。また、ごく簡単な数画面程度のシステムでも1機能あたりの単価は25万円程度〜という設定が一般的ですので、それに比べれば段違い・桁違いにリーズナブルな価格でご提供しております。
3

定期お打合せ

開発期間中は定期的にお打合せを行い、作成途中の画面などをご覧いただきながら、開発作業を進めていきます。

お打合せのたびにご要望を承ることになりますので、その都度作り直しが発生するのが欠点です。
開発者としてはやりにくい部分もありますが、「動かしてみないとわからない」というお客様が殆どですので、必要なプロセスとして捉えています。

多くのシステム開発会社では、見積の次に紙の上で仕様の決定を行い、あとは納品直前まで開発途中のシステムを触ることができない、というケースが殆どです。

これはお客様が開発途中のシステムを触ることによって新たな要望が出てきてしまい、開発の手戻りとなることを避けるためです。

弊社では、独自開発したプログラム自動生成システムを最大限に活用していますので、手戻りは最小限で済みます。

もちろん、開発期間中のお打合せとご要望に合わせた作り直しは、お見積り費用中に含まれていますので、ご安心ください(一部制限があります)。
4

プログラム開発

弊社ではコスト削減と開発効率の確保のために、使用する技術を厳選しています。

技術屋としては「何でもできます」「お任せください」と言いたいところなのですが、不慣れや経験不足な分野では、どうしても調査や学習に時間が掛かってしまいます。

システム開発は労働集約型の産業ですので、時間が掛かると必然的にコストも掛かります。

コストは利益によってカバーする必要がありますので、「何でもできます」というのは、実はお客さまに余計な費用を負担いただいている事になります。

そのような理由から、弊社では業務システム(データベース)開発には、ライセンス費用がかからないオープンソースやフリーウェアを中心とした技術を使用することとしています。
いずれもライセンス費用が不要なため、ローコストで開発できます。

また、技術を限定することにより、プログラム自動生成システムも独自開発することができました。

この自動生成システムにより、簡単な機能であれば、ブラウザ上の操作のみでシステムを生成することが可能となり、費用と期間の圧縮に大変役立っています。

5

移行

お客様によっては、いままでお使いのシステムが存在する場合があります。

その場合には、なるべく過去のデータを取り込めるよう、移行プログラムを作成いたします。
6

運用

業務ソフトウェアは、一般的に運用時にも多少コストが必要です。

開発時に一括して頂いてしまうケースもありますが、通常は一定額の費用を頂いて、サポートやセキュリティ面などにおける改良、保全対策などを行います。

運用に必要な要件(たとえば求められる連続稼動時間、可能な停止時間など)もコストに跳ね返ってきますので、お見積りいたします。

また、瑕疵(システムの欠陥)の修正は、引渡しから6ヶ月以内程度は無償で行われますが、それ以降は有償となるのが一般的です。

弊社で開発したシステムは、保守期間中は無償で瑕疵を調査・修正いたしますので、大変お得です。(別途少額の保守費用が必要となります)

また弊社ではデータの保全に万全を期しております。お客さまの大切なデータの消失を防ぐため、毎日深夜に自動で 2ヶ所以上の別サーバーに転送し、更にそのデータをバックアップします。また、データベースの更新履歴はリアルタイムで別途保存しますので、操作ミスなどからもデータを守ります。

運営会社

ジーコン有限会社
埼玉県所沢市青葉台1306-17
info@g-con.co.jp

→会社概要はこちら
→会社案内サイトはこちら