開発事例

弊社の開発事例の中からいくつかご紹介します。

いずれも技術面や使い勝手などで多数の工夫を盛り込み、ローコストながら圧倒的な利便性と業務の効率化を実現しています。

中小企業のための業務システム開発に特化した、弊社ならではの数々のこだわりポイントをご覧ください。

その1:ショッピングカート、商品管理、取引先管理、通販バックヤード管理


オンラインショップ(ショッピングカート)

ショッピングカートは、他社製の旧システム利用でサーバー負荷の高さが問題となったこと、商品属性が非常に多かったこと、価格体系が4種類あったことなど、特殊な条件が重なったため、フルカスタムでの開発となりました。



開発にあたって重視したのは旧システムとの互換性と短期開発、表示検索速度です。

外部からのリンク切れを極力抑えるために、URLや検索パラメータをなるべく変えないようにする必要がありました。

ただし、旧システムのプログラムソースは一切入手不可能であったため、商品データと表示結果から動作を推測し、セキュリティを向上させつつ、しかも旧システムの使用期限が迫っていたために短期勝負が必要と、非常に厳しい条件下での開発となりました。



開発期間短縮のために、プラットフォームには汎用CMSのXOOPSを利用しました(現在は独自プラットフォームに移行)が、カートモジュールはオリジナルでの開発となりました。

キャッシュの有効利用、DBやセッションの競合回避などに工夫をこらし、月間100万PVを大きく超えるほどのアクセスがありながら、レンタルサーバー上で非常に軽く動作するようにしました。



その後独自プラットフォームへの移行、デザインリニューアル、システムとコンテンツの分離、お届け先登録機能、クレジットカード決済機能などの変更を加え、売上を伸ばし続けています。


商品管理システム

また、オンラインショップを支える商品管理システムも構築しています。

元々「桐」というソフトでExcelのように表形式で社内的に商品データが管理されていたのですが、細かい要件を満たすためなどの理由により、1商品あたりの属性が600種類を超えるなど非常に複雑になっていました。

商品点数も増え、担当者も多忙を極めるようになったため、誰でも使えるシステムを目指し、機能を阻害せずなおかつ使いやすいシステムを目標としました。

現状のヒアリングと解析は困難を極め、業務の合間を縫っての度重なる面談、資料作成、データ解析を数十回に渡り綿密に行い、成果物は紙の資料だけでも数百ページに及ぶものとなりました。結果として構築期間が長期化してしまいましたが、旧来のやり方との併用が可能となるよう、データのインポートを随時行えるようにするなどの工夫も行い、何とか要件に見合うものをご提供できたのではないかと思っています。



現在は更にシンプル化を進めるとともに、オンラインショップでの買いやすさに結びつけるための機能拡張を行っています。

その2:航空貨物管理システム、Webサイト連動


タリフ一覧画面(航空貨物管理システム)

航空貨物業界は中小企業向けの適切なパッケージソフトが存在せず、また、荷物の追跡、得意先向けの集荷依頼、送付状やインボイスの作成、梱包物の注文など、Webサイトと連携したサービスの拡充のためにもシステムを構築することとなりました。



海外拠点とのデータのやり取りをシステム内部で完結させること、顧客ごと・地域ごとにタリフ(運賃)など様々な条件を個別に設定できるようにすること、取扱い量が多いために、なるべく手早く入力できることなど、様々な要件をクリアする必要がありました。



また、売上集計表の出力や貨物情報のインポートなどでExcelファイルを直接取り扱うことが可能です。請求書や送付状などはAdobe Illustratorで作られた版下にデータを乗せる形で美しくレイアウトされPDFで直接出力できます。バーコードも印字しています。


トップページ(Webサイト)

Webサイトは、透過画像を駆使したグラフィカルなデザインに加え、日本語・英語・フランス語、日本・アメリカ・フランスの各拠点の切り替えが表示が可能で、総ページ数は300ページ以上にも達しています。荷物番号から追跡情報(トラッキング)も表示できます。



顧客に配布されるアカウントを利用してログインを行うと、営業拠点を識別し、該当の拠点に表示を固定でき、時間帯(タイムゾーン)も拠点に合わせて表示します。

ログイン後は、集荷依頼、送付状の作成と印刷、インボイスの作成と印刷、梱包物の発注などの各種機能を利用できます。


iPhone機能(Web)

システムの機能の一部はiPhoneからも利用でき、主にドライバーなどが集荷・配達などの際に情報をリアルタイムに入力するために使われています。



iPhoneアプリではなく、簡単に利用でき開発費を抑えられるWebで構築していますが、年月日や時刻入力などはCSS3/HTML5の活用により、iPhoneアプリ同様にホイールでの入力を実現しました。ホーム画面へのアイコン登録も可能です。

今後はバーコードリーダーに対応予定です。

その3:制服販売管理システム


Ajaxを多用した伝票入力画面
(制服販売管理システム)

従来MS-Accessを用いて社内で独自開発されたシステムをお使いでしたが、PCの台数とデータ量の増加などにより、検索や画面表示、帳票印刷に時間がかかるようになり、また、データの保全や学校内売店などの別拠点との情報交換に手間取るのが問題となっていました。



繁忙期には採寸情報も含めた大量のデータを短期間で入力する必要があり、MS-Accessを凌ぐ操作性も求められたため、伝票入力は2度打ちを極力避け、画面遷移も無いようにAjax技術を全面的に採用した結果、大幅な時間短縮を実現することができました。



売上集計表や宅配便伝票用のデータ出力は、雛形となるExcelファイル中に直接データを埋め込み、直接ダウンロードできます。


帳票雛形Excelと帳票PDF

帳票はお客様へのお知らせなどを都度変更する必要があるため、Excelで作った雛形を登録し、サーバー側でデータを埋め込んでPDFで出力できます。雛形の追加や変更はユーザー側で自由にできるので、たいへん経済的・合理的です。



Webシステムでは帳票機能が乏しいのが一般的ですが、弊社が開発した業務システムは、ローコストながら画面入力と帳票出力という業務で最も重要視される点について他の追随を許さない高い完成度を誇っています。



このシステムは、旧システムで馴染みのある「SZC」と命名され、日々の業務に大活躍しています。



またお客様のご好意により、パッケージシステムとして他社様への販売も行っております。



詳しくはこちらの特設サイトをご覧ください。



その4:賃貸物件メンテナンス工事管理システム


Ajaxを多用した工事入力画面
(物件情報・工事情報部分)

従来MS-Accessを用いて社内で独自開発された複数のシステムをお使いでしたが、PCの台数とデータ量の増加、業務の複雑化などにより、検索や画面表示、帳票印刷に時間がかかるようになり、また、工事の区分ごとにシステムが分かれていたため、同一物件でありながら過去の工事の参照が非常に困難となっていました。



本システムでは複数のシステムを統合し、すべての工事データを一元管理しています。

過去の工事内容も、物件や工事、明細、使用部材など様々な検索軸から縦横無尽に参照が可能です。


Ajaxを多用した工事入力画面
(工事明細部分)

主となる工事入力画面は、退室工事、アフターサービス、一般工事、ゴミ撤去など様々な業務に対応し、なおかつ工事や使用部材、人件費、雑費の明細、見積り・受注・発注の価格など細かな要素を漏れなく把握するとともに、入力効率も求められるという、矛盾する要件を満たすため、制服販売管理システムと同様にAjax技術をフル活用したものとなりました。

この画面は上半分の物件情報・工事情報部分と、下半分の明細部分(見積依頼・工事・部材・人工・雑材がタブ切り替えとなっています)で構成され、画面遷移なしで入力が可能です。

帳票はExcel雛形からPDFを出力するものと、より精緻な表現が可能なIllusratorを版下としたものを、用途によって使い分けています。同じ種類の帳票でも表紙の有無・行数や縦横の違いなどを、雛形によって吸収しています。



本システムは、賃貸物件のメンテナンスに関する見積り、受発注、部材の在庫管理など、ほとんどの業務を網羅しています。また機能性に強くこだわり、主となる工事入力画面の試作を数十回繰り返した結果、構築期間が非常に長くなってしまいましたが、Webシステムでもここまでできる、という見本のようなシステムが出来上がりました。



通常はこれほど画面を複雑にしてしまうとコストアップに繋がり、項目も多くなるために入力にも長時間を要し効率低下に繋がるためにお薦めしていませんが、今回だけは業務の性格上、過去データへの依存度が非常に高いために例外的にこのような形としました。



また、MS-Access時代に蓄積された過去の工事データを明細も含めて数十万件分、本システムに合うように綿密に加工し、インポートしています。

運営会社

ジーコン有限会社
埼玉県所沢市青葉台1306-17
info@g-con.co.jp

→会社概要はこちら
→会社案内サイトはこちら